自分が運営する複数のサイトにて、PageSpeed InsightsやLighthouseで満点の100点が取れたので、その経験を活かしてWordPress高速化サービスを開始しました。

最新のSEO対策は ページ表示速度高速化です。

Googleはページ表示速度がランキングに影響すると言っていましたし。

被リンクとかSNSとか、コンテンツの充実とか、この辺はよく言われてることだけど、高速化をいう人はまだまだ少ないです。

その理由はなぜか。

  • 技術的に難しいから
  • お金がかかるから
  • コンテンツの充実など、他のことを優先させている
  • 効果がないと信じている

といった感じでしょうか。

ぶっちゃけ現状の検索結果を見てても、そこまでガチガチに表示速度高速化施策がされたサイトは少ないです。

確かにコンテンツの充実ありきでの表示速度だと思います。

でもある程度のラインに来ているのなら、SEO対策としてのページ表示速度高速化は避けては通れない道なのです。

ページの表示速度が検索順位に影響するなんて信じられない

具体的には、2018年の7月にGoogleはスピードアップデートが行われました。

以下、Googleの公式ドキュメントに書かれていることです。

Using page speed in mobile search ranking

https://webmasters.googleblog.com/2018/01/using-page-speed-in-mobile-search.html

日本語に訳すると、「モバイル検索ランキングでページ速度を使用する」。

これを見出しでドーンっと言っちゃってます。

Search Consoleにも「速度」という項目が追加されています。

Search Console

「SEO対策 表示速度」というキーワードで検索もしてみてください。

多くの記事で、SEOに関係すると解説されているはずです。

モバイル検索って大事なの?って思った方。

モバイル検索を捨てるということは、検索流入の大多数を捨てるようなものなので要注意です。

WordPress高速化代行サービスの内容

本題に移りますが、どういったことをするのか。

まずページの表示速度は、PageSpeed Insights を基準に算出します。

そこで問題と指摘された項目について、対策を代行するという流れです。

具体的に何をどうするか

独自制作のプラグインや第三者が配布しているプラグインを使用して表示速度を改善します。

基本的にテーマファイルはもちろん、子テーマのfunctions.php、CSSなども触りません。

サイトの現状に合わせたカスタマイズコードを作成し、それを独自制作のプラグインにまとめています。

そうすることでプラグインのオンオフですぐに作業前の状態に復元できるからです。

テーマやプラグインファイルを直接編集するようなこともしていませんので、更新通知が来たら随時更新をいただいてOKです。

作業に必要なもの

  • WordPressのログイン情報
  • 使用しているサーバーのFTP情報
  • サーバーアカウントのログイン情報

※サーバー管理画面のログイン情報はPHPバージョン確認・変更のためですので、すでに最新版のPHPをお使いの場合は不要です。

価格

10,000円(税込)から承ります。

PageSpeed Insights で何をどれくらい指摘されるかや、その指摘された項目をどこまで対策していくかによって異なります。

「WPBakery Page Builder(Visual Composer )」「Elementor」などのビルダー系プラグインをしていている場合や、TCD系のテーマの場合、出力されるCSSやJavascriptが多い傾向にあるので費用も高くなる傾向があります。

まずはお見積から、その後最終的な価格は相談しながら決めようと思います。

支払方法

銀行振込のみ。

支払時期

ご注文確定時(作業開始前)。

※お支払いを確認後、作業を開始させていただきます。

納期

1日~3日程度。

こちらもやはり作業内容によって変わってきます。

お見積やお申し込みの段階で目安の納期は提示させていただきます。

実績はあるの?

急にサービスを紹介されても、第3者からの評判はどうなのか気になると思います。

2019年の11月にランサーズの方にも登録し、現在まで何回か作業させていただいた実績があるので、そちらの評価が参考になるはず。

https://www.lancers.jp/profile/yossybunny/feedback

直接の取引が不安な方はランサーズ経由でのお取引でも全然OKです。

また2020年の11月ごろよりcoconalaの方にもサービス登録をしました。

https://coconala.com/services/1447164

こちらからも評価を確認できます。

※ただし、ランサーズ・coconalaそれぞれ手数料が発生します。

WordPress高速化代行サービスの流れ

ステップ1
このページ最下部のフォームに必要事項を記入して見積依頼。
ステップ2
見積を元に作業内容を相談。
ステップ3
作業料金をお振込み。
ステップ4
作業を待つ。

注意事項

お見積は実際に作業をするサイトの状態を基に行います。

ですので、お見積時のサイトURLは必須です。

PageSpeed InsightsやLighthouseのスコアをもって高速化できたかは判断します。

サイトのコンテンツ量、使用しているテーマやプラグインにも左右されてしまうため、作業をすれば必ず満点のスコアが取れるわけではありません。

お見積・ご相談はお気軽に

    よくあるご質問をまとめました

    作業中はWordPressログインなどを控えた方がいいですか?
    控えなくて大丈夫です!
    作業中でもWordPressへのログインや記事の更新など、いつも通り行っていただいてOKです。
    1点だけ、プラグインの追加や設定変更などは出力されるCSSやJavascriptが変わってしまう可能性があるため、ご一報いただければなと思います。
    なぜFTP情報が必要なのですか?
    万が一の備えです。
    FTP情報はなくても作業することはできます。
    ただ、万が一予期せぬエラーが発生して真っ白になってしまった場合など、管理画面からは復旧できなくなることもあります。
    その際に予めFTP情報を共有していただけていればすぐに復旧できますが、FTP情報が無い場合は私の方で復旧ができず、作業の進捗もその分遅れてしまう可能性があります。
    エラーを起こすことは稀ですが、あくまで万が一の場合のための備えとなります。
    FTP情報がよく分からない場合は、サーバー管理画面のログイン情報でも大丈夫です。
    コアウェブバイタル(FID/LCP/CLS)は改善できますか?
    99.9%改善します!
    サイトの状態にもよるので必ずしも緑合格できるとは限りませんが、少なくとも改善はします。
    どうしても緑合格したい場合はその旨もおっしゃっていただければ、別途お見積りや改善の提案をさせていただきます。
    作業内容を教えてもらえますか?
    作業内容はテキストファイルにまとめています。
    プラグインの追加や設定変更、テーマの設定変更、どのような施策をしたかなどをテキストファイルにまとめてお送りさせていただいています。
    作業後、記事を追加する際にするべきことはありますか?
    特にありません!
    ツイッターやインスタグラム、アドセンスなどを遅延読み込みした場合、それは全ページで、更に今後追加されるページでも自動的に処理されるようになっています。
    ですので、今まで通り記事を追加していってOKです。
    お見積りの返事がきません。
    迷惑メールフォルダに紛れてしまっている可能性が高いです。
    依頼の混雑状況によっては返信が遅れてしまうことがあるのですが、いただいたお見積りご相談には100%返信をするようにしています。
    もし3日経過しても返信がない場合はお問い合わせフォームより催促のご連絡をいただければなと思います。

    事例

    要望がありましたので事例紹介のスペースを設けました。
    もし過去に作業を依頼された方でここに掲載して欲しいという方がいらっしゃいましたらご連絡ください。